強弱

  • 2020.04.06 Monday
  • 09:00

新型コロナウイルスの影響はいかがでしょうか。先日、千年経営研究会の会員さんには、「何かあったらご相談を」とお伝えしましたが、今のところ相談の申込みは1件だけですので、まだ切羽詰まった状況にはないのだろうと、少し安心しているところです。

 

一方、切羽詰まってからでは打てる手が限られてきます。会員さんに限らず、できるだけ早いタイミングでご相談いただくよう、お願い致します。

 

さて、こういう時期は、自社の強いところ、弱いところが際立って見えてくるものです。特に

 

「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」(平戸藩第九代藩主 松浦静山)

 

といいますが、弱いところというのは、それまで放置してきた問題であり、こういう時期に際立ってきます。

 

例えば、皆さんの会社ではBCP(事業継続計画)は立案されているでしょうか?

 

BCPとは、「企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画」(中小企業庁HPより)のことです。

 

罹患者が発生した会社のその後の対応はまちまちです。ただ、私の知り得る限り、BCPがきちんと立案されている会社の対応は迅速で、迷いがないように思われます。

 

何もないときに「何かあったら」を考えることは、なかなか難しいことです。しかし、古典を紐解いても、優れたトップはその備えをきちんとしています。

 

今、もうすでに起こってしまっている状況ではありますが、決して遅くはありません。今からでもやれることはたくさんあります。これを機に、BCPといえるほどの立派なものではなくても、BCPの考え方に沿った対応を検討いただければと思います。

 

その際、過去においては無理だと諦めていたことも、現在では可能になっていることもたくさんありますから、改めて検討してみてください。

 

たとえば私どもではこれまで、会ってお話ししなければ仕事になりませんでした。しかし、今週予定していた東京出張は取りやめましたが、ビデオ会議システムを使って面談は実施します。これは、資料やこちらの操作を画面上で共有しながら話をすることができるなど、システムの精度が上がってきたから可能になったことです。

 

また、そのような面談をお客様に受け入れていただける時代になったことも大きいと思います。

 

いずれにしろ、これまで無理と諦めていたことに対しても、「何かできる方法はないか?」と改めて見詰め直すよい機会にしていただきたいと思います。

 

一方で、こんな状況であってもお付き合いしていただけるには、やはりそれなりの理由があります。それが自社の強みといえます。はっきりとした強みを明確にするチャンスでもあります。

 

いずれにしろ、こういう時期だからこそわかる自社の強み・弱みを明らかにし、対応していくチャンスと捉えていただきたいと思います。

 

追伸

現在、さまざまな経営支援策が出てきています。特に中小企業庁と各都道府県のホームページの『最新情報』はこまめにチェックしてみてください。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    思い

    • 2020.03.30 Monday
    • 09:00

    千年経営研究会では、今期から「後継者会」なるものを開催しています。これは、事業承継前の後継者が互いに悩みを語り合い、あるべき姿を見出していくという当会発足の原点に立ち返ろうという取り組みです。

     

    先週、前月開催された内容の議事録をいただきましたので、その内容を少しご紹介させていただこうと思います。

     

    開始早々、ある参加者から「再来年に会社を継ぐことになった」との報告がありました。そして、そのための準備として、教育制度と人事制度の見直しをし始めたとのこと。

     

    その報告を聴いた私は、「社長になれるのは当分先になりそうだね」と伝えました。継ぐ準備が制度の見直しと考えているようでは、とても譲る気にはなれないからです。

     

    もちろん制度の見直しは重要な経営課題です。自分が継いだ後のことを考えれば、やっておきたい気持ちはよく分かります。しかし、譲る側からすれば大した話ではない。自分が大切に守り育ててきたものを譲るのです。もっと大切にして欲しいことがあるはず。それ以前に、制度の見直しを一番に掲げられては、自分がやってきたことを批判されているようでいい気分はしないでしょう。とても譲る気にはなれないと思います。

     

    では何が大切なのか。それは“思い”を継ぐことです。「もうこれ以上伝えることは何もない」と思ってもらえるくらい、聴いて聴いて聴きまくる。それこそが一番大切な準備です。

     

    また、「経営理念がない」との話も出ました。これもまた相当な思い違い。経営理念とは、経営者の熱い思いですから、ないはずがありません。ただ、明文化されていないことはよくあります。よってこの場合は、「経営理念が明文化されていない」が正解です。

     

    これは確かにもったいない話です。彼が継ぐために最も大切にしなければならない準備は、経営理念の明確化にあると言っていいでしょう。経営理念が明らかになれば、自分が社長になったときの確固たる指針となり、内外に発信する錦の御旗となりますから、これをまとめることは自分にとっても大切なことです。

     

    譲る者の“思い”を、聴いて聴いて聴きまくり、その中から最も重要なものを経営理念としてまとめ上げる。これ以上重要な準備は他にありません。

     

    これから継ぐ予定の方はぜひこの本質をご理解ください。既に継がれた方も、今一度経営理念の見直しをされては如何でしょうか。

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      理想

      • 2020.03.23 Monday
      • 09:00

      先々週のことになりますが、当社が主宰する経営者・後継者・経営幹部向けの研修「経営者大學」(https://www.keieisha-daigaku.jp/)の修了式が行われました。今期は私がお誘いした千年経営研究会のメンバーが参加してくれていましたので、親代わりに参列してきました。実際に、来賓席に座り、来賓としてあいさつもさせていただきました。

       

      経営者大學は、昭和62年に始まり、年2回4月と10月に開講する、1年間12回に亘る1泊2日の研修で、今期で53回目の修了式となります。修了式では、受講生が1年掛けて学んできた内容に基づき自ら立案した戦略的中期経営計画を、修了式出席者を社員に見立てて発表していただきます。

       

      今回の参加者は5名で、それぞれが1年間の集大成を、本当に社員の前で話すように発表してくださいました。これまでの反省を口にする人、現状の危機感を共有しようとする人、日常における具体的な心掛けを熱く語る人など、みなさんとても個性的な発表で、とても楽しいひとときを過ごさせていただきました。

       

      また、来賓あいさつの中で「この1年で人が変わった。本当に経営者として成長した」とのコメントをいただき、とても嬉しく思いました。

       

      ただ発表を聴く中で、少し気になることがありました。ひとつは、「聴き手のことを考えているか?」という点です。同じ社員といえども人それぞれ。思いを熱く語れば意気に感じて黙ってついてきてくれる人もいるでしょう。しかし一方で、思いを素直に受け止めてくれなかったり、真逆の考えをもっている人もいるかもしれません。

       

      よって思いを伝えようと思うならば、いろんな考えをもった社員がいることを念頭に、ひとつのことでもいろいろな角度からその必要性を説明しなければなりません。今回の発表では、ちょっと一方的過ぎるように感じました。

       

      もうひとつは、目先の話が多く、10年後、20年後の理想の姿がイメージできなかったことです。もちろん、今を生き抜かなければ未来はありません。よって、現状の課題を解決していくことはとても大切です。しかし、未来に魅力を感じなければ、今を生き抜く力が湧いてこないのも事実です。「もっと大きな、そして明るい理想を掲げて欲しかった」というのが私の率直な感想でした。

       

        “理想”が人を動かし、心に火を灯す

       

      その本質を改めて考えてもらいたい、来賓あいさつにて、そのことをお伝えしました。みなさんもこれを機に、自社の理想を見詰め直してみてはいかがでしょうか?

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        歴史

        • 2020.03.16 Monday
        • 09:00

        新型コロナウイルスの影響で、開催されるはずだった研修やセミナー、または参加予定の会合が日々刻々と中止になっていくおかげでできた有り余る時間を有効に使おうと、社内でいろいろな企画が持ち上がっています。

         

        その中で、東京事務所の社員から「ぜひ名南の歴史を知りたい」との声が上がり、たまたま別件で出張した折に、私がお話をすることになりました。

         

        ありがたいことに昨年、中部経済新聞社様に取り上げられ、「名南経営 半世紀の歩み」と題した連載をしていただきました。その後、社員と一部のお世話になった方々に配布できるよう製本したものを事前に読んでおいてもらい、その内容に対する質問に私が答えていく、という形式で進めることにしました。

         

        どんな質問が飛び出すかわからない中、自分の手持ち資料やどこかで見覚えのあるものをもっていそうな人に声を掛けて搔き集め、「もうこれ以上は思い出せない」という状態で質問攻撃の場に臨みました。

         

        ところが、用意していた回答にマッチする質問は半分程度で、全く無防備なところをどんどん突かれて四苦八苦。でも面白いもので、「う〜ん」と唸りながら過去を紐解くと、どんどん思い出してくるものですね。多少あいまいで、「これは事実ではないかもしれない」ということについては、「私の記憶では」と前置きをしながらも、おおむね答えることができたのではないかと思います。

         

        今回の機会は、何よりも私にとってとても有意義なものとなりました。忘れかけていた創業者・佐藤澄男や私を拾ってくれた影山勝行との思い出と感謝の気持ちを掘り起こしてもらえたことは、何よりも嬉しく、またありがたいことでした。

         

        今回の参加者は、たまたま東京事務所に来ていた他拠点のメンバーを含め、30名ほどでしたが、平成19年に亡くなった佐藤澄男と直接会ったことがあるのは、私を含めてわずか3人。まさに、他のメンバーにとっては、おとぎ話を聴いているようなものだったのではないかと思います。

         

        しかし、2時間ほどの話の後、「そういうことなら、こういうことも考えていかないといけませんね」などと、どっぷり佐藤ワールドに浸かってしまっている私には気付けなかった視点を与えてもらうこともできました。

         

        歴史というものは、新たな未来の扉を開くきっかけにもなるのだと、新たな気付きをいただききました。「歴史ってすごいなぁ〜」と改めて感じます。

         

        歴史を紐解くことは、とても大切なことだと思います。皆さんの会社でも、これを機に自社の歴史を振り返る時間を設けられては如何でしょうか?

        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          時間

          • 2020.03.09 Monday
          • 09:00

          皆さんの会社では、新型コロナウイルスの影響は如何でしょうか?

           

          かくいう私は、2月後半からの講演がことごとく中止ないしは延期となり、時間不足を言い訳にして後回しにしてきた諸々の業務に、強制的に向かい合わされています。

           

          おかげさまで、重要性はそこそこ高いにも関わらず緊急性の低さから放置してきてしまったことが一つひとつ日の目を見ることになり、結構いい時間を過ごさせていただいています。

           

          みなさんも、そのような視点で業務の棚卸をしてみてはいかがでしょうか?

           

          もう一つ、私にとってよいことがありました。それは、これまで知らなかった事実を知ることができたことです。

           

          このような問題が起きますと、ついつい自分ないしは自社のことばかりに意識がいってしまいますが、状況は他人ないしは他社も同じこと。ともすると、自分ないしは自社よりも厳しい状況に置かれているかもしれません。

           

          実際に、たまたま連絡をいただいたある社長から、売上高が90%ダウンしたという話をお聴きしました。これはもう死活問題です。「多少の貯えがありますから、半年くらいは何とかなると思います」とのことでしたが、そのような会社があることを知って、講演がなくなったことくらいでグチグチ言っていた自分が恥ずかしくなりました。

           

          一方で、その会社がどんな仕事をしていらっしゃるか、実はあまり知りませんでしたが、これを機に、じっくりお聴きすることができました。おかげさまで、このことも放置してきたことのひとつであると気付かされました。

           

          そして、その後にお会いすることができた方には、付き合いの長短に関わらず、会社のことをできるだけお聴きするように意識しています。これまで放置してきたことに向き合うことができてよかったと思います。

           

          世の中には、厳しい状況に置かれている会社も数多くあるでしょう。そのような会社があることに思いを馳せ、自分に何かできることはないかと考えると共に、これまでやり残してきた業務の棚卸を行い、天が与えてくれたこの時間を、今まで以上に有効に使っていきたい、そう思う今日この頃です。

          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            承継

            • 2020.03.02 Monday
            • 09:00

            先月の日本経済新聞の「私の履歴書」は、陶芸家で十五代樂吉左衛門こと樂直入氏でした。私は、基本的に経営者のものしか読まないのですが、“十五代”という歴史と、昨年長男さんに代を譲られたタイミングとのことから関心をもって読み始めました。十四代続いてきた家を継ぐ重みが端々に感じられ、最後まで有意義に拝読することができました。

             

            中でも十四代の御尊父との対峙はなかなかのもの。譲る者が、「そんな線が細いことでは、この家は継げん」と吐き捨てるように言えば、継ぐ者は継ぐ者で、「父こそ運命の元凶のように思え、ほとんど口をきかなく」なり、「最も嫌なこと、それは父に似た、同じような茶碗を作ること」で、「私の中の父を殺す。心の底にそんな思いが」あり、「父にあれこれ指導されるのまっぴらごめん」だったのだとか・・・。なかなか壮絶な関係ですね。

             

            しかし、その御尊父が亡くなったときには、「450年続く歴史を背負ってきた一人の男、同志として私は十四代の死を思った」と言いますから、心は繋がっておられた。このあたりが、譲る者と継ぐ者の関係を端的に表しているように感じます。

             

            そのようにして継いだ十五代が昨年、ご長男に家を譲られた。そのときの話もまた、事業承継の本質を突くものでした。

             

            「昨年、長男に代を譲った。彼にも激しい葛藤の時期があった。その末に彼は十六代を継いだ。私は同じ立場を歩んだ故に、過剰な心配ばかりをしていた。その私を妻はこう言ってなだめた。「あなたも昔はお父さんに口もきかず、反抗を重ねさんざん心配をかけたでしょう。でもちゃんと家を継ぎ、ここに立っているわ。大丈夫ですよ」と。」

             

            いやはや、時代は本当に繰り返すものですね。

             

            そのほかにもご紹介したいエピソードはいくつかありましたが、紙面の関係もありますので、ここではひとつだけ。

             

            「昔から樂家では、曽孫・玄孫のために粘土を残すことが当主の務めになっている」のだそうです。「良質な土は容易に見つからず、調達してもすぐに使えるものではない」からなのだとか。現に「私が主に使うのは曽祖父、十二代が集めた京都・深草の大亀谷の土。もう樂家の土小屋で100年ほど寝ている」ものだとか。

             

            ご自身も「奈良時代から薬師寺の土や、桃山時代以来の聚楽第の土と巡り合え」たそうです、そのことに対して、「これで自分の責任を少し果たせた。「十五代は己にかまけて子孫のことを考えなかった」との曽孫からの誹りを免れる」とおっしゃっています。これもまた奥深いお話しです。

             

            「曽孫や玄孫のために何を残すか」事業承継においても、とても重要なテーマであると思います。一度考えてみてはいかがでしょうか。

            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              トキ

              • 2020.02.25 Tuesday
              • 09:00

              このところ、新型コロナウイルスの影響により、イベントや会合などの中止が増えてきました。それ以外にも経済活動における具体的な弊害も出てきているようです。みなさんの会社でも「動きたくても動けない」状況になってはいませんか?

               

              このようなときは、「動けない」ことに嘆いていないで、「考える」ことにシフトすることが大切です。

               

              “トキ”には、大きく分けて3つあると思います。「身体を使う」トキ、「頭を使う」トキ、「お金を使う」トキです。

               

              少し話が逸れますが、この中で一番難しいのが「お金を使う」トキです。お金は、ベストなタイミングで使えば大きな成果を生み出すことができますが、使うトキを間違えれば、そのまま破綻の道を転がり落ちる可能性があります。

               

              また、体と頭は、たとえ望む結果が出なくても、使っただけ鍛えられるものです。ところがお金は、使うトキと対象を間違えればただただ枯渇していくのみです。その点においてお金の使い方は本当に難しいものなのです。

               

              閑話休題。

               

              現状は、先の3つのうち、身体とお金を使うことが難しい“トキ”といえます。このようなトキは、思い切って「頭を使う」ことに注力することをおすすめします。要するに、これまで放置してきた課題に真正面から向き合い、きちんと検討する時間を設けるのです。

               

              「大切だとは思いながらも、目先の儲けや些事に追われて検討することから逃げていた」ようなことはありませんか?

               

              かくいう私も、重要度は高いけれども緊急度が低いことをいいことに後回しをし続けてきた課題があります。それを今抽出して、一つひとつ着手し始めています。「やることが他になくて逃げられなくなっている」といった方が正しいのかもしれませんが・・・。

               

              ただ、こんな時間は滅多にありませんから、非常に有意義に使わせてもらっています。多分あと1〜2か月で終息するでしょうから、今のうちにやれるだけやっておきたいと思います。

               

              「閑話休題ってどんな意味だろう?」と思いながらも、結局調べずに済ませてきた方、ぜひ今のうちにすっきりさせてくださいね。

               

              今回のような状況に限らず、常日頃から、身体・頭・お金のうち、何を使うのが最適なトキなのかを考えて行動していきたいものです。

              • 0
                • -
                • -
                • -
                • -

                対応

                • 2020.02.17 Monday
                • 09:00

                このところ、とても感心していることがあります。それは昨年からお付き合いが始まったAさんのレスポンスの速さです。こちらからの発信に対して、間違いなく1時間以内には返信が来ますし、お尋ねしたことに対しても、1日と空けることなく回答が届きます。

                 

                「拙速は巧遅に勝る」と言います。端的に言えば「たとえ拙い出来栄えであったとしても、遅いくらいなら速い方がまし」ということですね。まさにAさんはそれを地で行かれています。多分、私の人生の中で最速の方だと思います。

                 

                速ければ速いほど、仮に問題があったとしても迅速な対応が可能になります。彼とのやり取りの中でも、その価値を感じる場面が何度もありました。私自身、意識していかなければならないと思っています。

                 

                一方で、ことによってはスピードよりも出来栄えが重視される場合もありますし、「いつもいつも間違いだらけ」では、信頼を失ってしまうことになるでしょう。

                 

                私どもの創業者が私たちに求めた仕事の姿勢の中に「99点の仕上がりは0点と同じ」という“戒め”があります。やはり、100点満点のアウトプットを提供することを心掛けることは、とても大切なことだと思います。

                 

                スピードと品質は、常に相反するテーマです。これを可能な限りお客様や対象者の要望に応えるレベルで提供していくことが求められます。

                 

                ただし、その要望は相手によって異なるものです。よって、きちんと事前に先方の意向を確認し、当方の状況や考えに了解を得ておかなければなりません。

                 

                その中でもスピードに関しては、少し意識していただきたいことがあります。それは“3倍基準”です。具体的には、1時間で終わりそうなら3時間、3時間なら1日、1日なら3日、3日な9日、などと、想定される時間の3倍を納期として提示してみることです。

                 

                もちろん「今日中にやってくれ」と言われれば、それに応えていかなければなりませんが、意外にこちらの希望をお伝えすれば、受け容れられるものです。

                 

                物事は予定通りにはいきません。スムーズにいけば1時間で終わる仕事も、急な問い合わせやトラブルなどがあれば、そうはいかないのが世の常。しかし、3倍みておけば、余程のことがない限り、クリアできるでしょう。

                 

                さらに「1週間かかる」と言われていたものが3日で届けば、「頑張ってくれたんだな」と受け止めてももらえるでしょう。

                 

                最悪なのは、「納期の提示もなく、進捗の報告もなく、やっとできてきたと思ったら間違いだらけ」。これではとても信頼できませんね。

                 

                ・問合せがあったら、すぐに返信する。

                ・きちんと納期を示す。

                 ・できないものはできないという。

                 ・時間のかかるものは、適時適切に進捗報告をする。

                 ・その上で、100点満点のものを、できるだけ早く提供する。

                 

                ぜひこのような対応によって、高い信頼を得ていっていただきたいと思います。

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -

                  事実

                  • 2020.02.10 Monday
                  • 09:00

                  先日、数年ぶりに中学時代の同級生数人と食事をする機会がありました。中にはクラスが一度も一緒になったことがないメンバーもいて、とても新鮮で、かつ懐かしい時間を過ごすことができました。

                   

                  楽しい話の中で、驚いたことがありました。それは自分の“記憶”の不確かさです。結構リアルに記憶していた(と思い込んでいた)ことが、実は全く違っていたことがいくつか明らかになりました。「〇〇だったよね!」と語ったそのあとに、他のメンバーが一斉にこちらを向いての「えー!?」との反応に、驚きと戸惑いで自分を見失いそうになりました。

                   

                  記憶は自分の都合のよいように書き換えられる

                   

                  といわれますが、まさにそのことを実感させられた出来事でした。特に人生を左右するようなものではなかったのでよかったものの、

                   

                    記憶に頼らず、事実を確認する

                   

                  ことの大切さを痛感させられました。

                   

                  一方、その前の日にある会社に伺い、物流倉庫を見させていただいた際にも驚きと戸惑いを感じました。

                   

                  私のそれまでの在庫管理の“常識”は、「商品一つひとつに住所を定めて必ずそこに置く」というものでした。しかし、その会社では「どこでもいいから空いている場所に置く」が行われていました。

                   

                  最初は理解不能だったのですが、説明を受け、現場を見させていただくと、確かにその方が効率がいい。詳細は割愛しますが、ITシステムを活用したその方法は、まさに今後の“常識”になっていくだろうと感じました。

                   

                  過去の“記憶”と“常識”は儚いもの

                   

                  会社の浮沈を担う私たちは、過去の“記憶”や“常識”に囚われることなく、常に“事実”を確認し、正しく間違いのない方向性を見出していかなければならない。そのことを強烈に学ばせていただいた2日間でした。

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -
                    • -

                    思い

                    • 2020.02.03 Monday
                    • 09:00

                    先日、千年経営研究会メンバー企業3社に訪問してきました。

                     

                    今回は3社ともものづくり企業でした。工場見学をさせていただき、設備や製品などを見させていただきながら話を聴きいていると、自然とワクワク・ドキドキしてきて、とても楽しいひとときを過ごさせていただきました。

                     

                    またそれぞれに“強み”をもち、その強みを最大限に活かしながら経営をされていることに心強さを感じました。

                     

                    私は常々、「わが社は何を以て社会に貢献しようとするのか」を明確にする必要性を説いてきました。

                     

                    そして、私たち中堅・中小企業の最大の強みは、「大きなマーケットを必要としない」ことです。社員さんが10人なら10人、100人なら100人、1,000人なら1,000人を幸せにすることができるだけのマーケットがあればいいのです。だからこそ、自社の強みを明確にし、徹底してその強みを磨いていくことが何より大切なのです。今回の3社は、その実践ができているように思います。

                     

                    また、今回の訪問を通じて、イキイキと“思い”を語る彼らを見て、

                     

                    「一番大切な強みは、トップの“思い”の中にある」

                     

                    と強く感じました。

                     

                    もちろん、潤沢な資金、豊富な設備、優秀な人材、優れた技術や製品・サービスなども強みとなることには違いありませんが、これらは常に保証されているものではなく、技術革新や時代の変遷によって衰退、陳腐化していく可能性があります。

                     

                    しかし、“思い”には衰退も陳腐化もありません。あるとしてもそれは自分次第で何とかなるものであり、自分の心持ち次第。仮に一時的な苦難があろうとも、“思い”の強さがあれば、必ず打破していくことができます。

                     

                    「トップの“思い”こそ、最大の強みである」

                     

                    このことを改めて強く感じることができました。素晴らしい時間をくれた仲間に、心から感謝します。ありがとうございました。

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -
                      • -

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      著者 亀井英孝

                      profilephoto

                      行事日程

                      アクセスカウンタ

                      selected entries

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM