原点

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 09:00

先週の金曜日、千年経営研究会の研修の一環として、知覧特攻平和会館(http://www.chiran-tokkou.jp/)に伺ってきました。

 

知覧特攻平和会館は、千年経営研究会の立ち上げのきっかけとなった場所です。リーマンショックの前夜である今から10年前、現会長の松野さんの紹介で、岡崎商工会議所主催の「ひとづくり塾」の卒業生と、三好商工会青年部で講演をした際に出会ったメンバーと共に伺いました。

 

わずか17歳で特攻に飛び立った方もいる中、死に征くにも関わらず笑顔に溢れた写真や、愚痴一つなく、ご両親、特にお母さんへの感謝の言葉を綴った遺書などを目にし、涙が止まりませんでした。

 

そして、このような方々のおかげで今の私たちがあることを痛感し、のほほんと過ごしてきた日々を反省した上で、自分たちでこの社会のため、日本のために何かできることはないかと考えたのです。そして産声を上げたのが、当時、譲る者も継ぐ者も、そして社会全般においても否定的に捉えられる傾向にあった“創業家承継”の大切さを見直し、好ましい事業承継を実現することを目的とした千年経営研究会だったのです。

 

今回もまた、尊い命を懸けてくださった方への感謝の気持ちと、10年前の熱い気持ちを思い出させていただきました。そしてまた10年後に訪問することを心に固く決めてきました。

 

一方で、10年前はほとんど社長を継ぐ前の後継者ばかりだったのが、現在、半数くらいは現役の社長となっています。また10年後には、自らが譲る側となるステージに入ってくるメンバーもいるでしょう。会の役割も変革の時期が来ていると感じています。

 

現在、役員会でも新たな枠組み作りを検討し始めました。来年330()の総会では、新機軸のご紹介ができるよう、この半年で練っていきたいと思います。ご期待ください。

 

いずれにしろ、今回の知覧特攻平和会館への訪問は、千年経営研究会の原点に立ち返る機会となったと共に、次の10年の新たなる決意をもつことができた、とても大切な時間となりました。

 

是非皆さんも、知覧特攻平和会館に行ってみてください。きっと心が洗われると共に、沸々と湧きあがる何ものが得られると思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    所信

    • 2018.09.10 Monday
    • 09:00

    先週、名古屋市南区倫理法人会モーニングセミナーに参加してきました。2011年の福岡転勤以来、講師として何度か登壇させていただいていますが、聴講者としての参加は、他会への参加も含めて本当に久しぶりのこと。前の日にご来社いただいた方から「明日は新三役の所信表明ですから、ぜひご参加ください」と強くお薦めいただき、足を運ばせていただくことになりました。

     

    お聴かせいただいたお三方の所信は、それぞれに個性豊かなものであったのですが、ベースとして“利他”の精神に貫かれていることに感激しました。私もできる限りのお手伝いをさせていただこうと、新たな決意をさせていただくことができました。

     

    一方で、“所信”すなわち自らの「信じるところ」を述べることは、とても大切なことであることを再認識しました。それは、自らの言動の強い原動力となるものであると同時に、コミュニケーションのスタート地点でもあるからです。

     

    また所信表明は、何も年度始まりだけの行事ではありません。自らの信じるところを組織に浸透させようとするには、相当の時間が必要です。よって、年1回ではとても事足りません。毎日の朝礼の場や、都度行われる会議の場など、ことあるごとに伝え続けることが肝要です。

     

    中でも、事業承継において最も大切な所信表明の場は、社長就任披露の場です。参加される社員の方々、またお客様や仕入先や協力会社の方々などに、新社長の「信じるところ」をお伝えすることで、社内外の思いを一つにし、新たな代表を「支えていこう」「共に成長していこう」という機運を生み出す最高・最良の場なのです。

     

    先日も、社長の座を譲られた方から「まだやってない」という話をお聴きし、「ぜひ実施してください」と強くお薦めしたところです。「事業承継対策の立て方・進め方」(日本実業出版)でも書かせていただいておりますが、好ましい事業承継の実現のため、社長就任披露の場は、必ず設けていただきたいと思います。

     

    モーニングセミナー終了後、早速講演のご依頼を受けました。内容はまだ決まっておりませんが、112日(金)にお話しさせていただきます。また、116日(火)には、豊田市北倫理法人会でも講師を務めさせていただきます。よろしければご参加ください。お待ちしております。

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      会議

      • 2018.09.03 Monday
      • 09:00

      先週、現在私が所属している部門で、来期計画を立案するための合宿がありました。昨年立案した中期経営計画の内容を確認した上で、10月から始まる新たな期の具体的な計画を明らかにすることが目的です。

       

      総勢67名の部門には9つのチームがあり、そのチームのリーダーたちが、初日は部門全体について、2日目はマーケティングと開発の2つのテーマに関わるチームに分けれて、具体的な検討を行いました。

       

      今年も活発な議論がなされ、成果が期待できる具体的なアイディアがいくつも出てきたことは、とても大きな収穫となりました。

       

      活気のある会議というものには、いくつかの共通点があると思います。

       

      第一に、「現地・現場で起こっていることに基づいている」ことです。まずは現状認識を徹底的に共有することが大切なのです。机上の空論では議論を深めることはできませんし、現状に対して共通の認識を得ることは難しいものです。実際に起こっていることを知り合うことによって、議論の土台というものができるのです。

       

      第二に、「人の意見を否定しない」ことです。もちろん、理解できないことや受け入れ難い意見も出されることがあります。その際、「お前は間違っている」というスタンスで対応すれば、議論が深まらないどころか、互いに禍根を残す結果にもなりかねません。「間違っている」のではなく、「ただ違っている」だけと捉え、なぜその違いが出てくるのかを掘り下げていくことが大切です。そこに、それまで自分が気付いていなかった視点を得ることもできるかもしれません。

       

      そして最後に、「人の意見に便乗する」ことです。「それだったらこんなこともできる」「じゃあ、こんなこともいいんじゃない?」などと、どんどん膨らませていくことによって、新たな気づきやアイディアを得ることができるものです。最終的には収斂させていくとしても、まずは一つのテーマに対して「これ以上出てこない!」というところまで広げていくことが大切です。

       

      いずれにしろ、現場主義・現物主義で、かつ人の意見を尊重しつつ、議論そのものを楽しみながら行うことが大切なのだと思います。

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        面談

        • 2018.08.27 Monday
        • 09:00

        先週から、社員の個別面談を実施しています。この面談は、給与改定時期の3月と決算時期の8月の年2回行っています。それぞれ、昇給・昇格と決算賞与の評価を合わせて行うことになります。

         

        この8月の面談では、単に決算賞与の評価を行うための成果の確認だけではなく、「CUBIC」という個人特性分析の結果を参考にしながら行います。「CUBIC」とは、よく採用面接時に実施する適正テストのようなもので、当社では、ストレス状況のチェックや心理状況の変化を確認するために、毎年7月に実施しています。

         

        利用するシステムは何でもいいと思いますが、既存社員に対してこのような心理状況を確認できるものを実施することは、とても有効だと思います。

         

        今回も、日頃の言動からは分からない心理状況の変化を2名ほど確認することができ、面談時にそのケアを行うことができました。

         

        2人ともに共通するのは、「自分を責める心」をもっていたことでした。原因が環境や他人にあると考えている場合は、攻撃的になったり、自暴自棄的になったりと、ある程度、言動の変化で「何かあったのかな?」と感じることができるものです。

         

        しかし、原因が自分にあると自覚している場合は、人前では精一杯繕っていることが多く、なかなか言動には表れないものです。さらにそれが仕事上の問題ではなく、プライベートな悩みからくるものであったとしたら、一層表面化しないものだとの認識が必要です。

         

        これまでも「CUBIC」によって、何度かプライベートの悩みを明らかにすることができましたが、上司の役割が

         

          「部下の人生における最も身近な理解者であり指導者である」

         

        ことを考えると、やはりこのような状況を客観的に把握しておくことはとても大切なことだと思います。

         

        ぜひ御社でも、このような取り組みを検討されることをおすすめします。具体的な内容に関してのお問い合わせは、遠慮なくお申し付けください。

        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          立場

          • 2018.08.20 Monday
          • 09:00

          先日、4年前に技術職から転職された営業の方とお話しする機会がありました。いろいろとよもやま話をする中で、いつしか仕事上のお悩みをお聴きすることになりました。1年ほど前は、提案段階にもっていくまでに苦労していたのが、このところはクロージング段階で失注することが多いのだとか。

           

          いろいろと状況をお伺いする中で、いくつかの問題に気付きました。その中でも特徴的だったのが、「これだ!」と確信したゴール、すなわち「クロージングの落としどころ」が決まると、一方的にそれを押し通そうとする点にありました。

           

          相手がモノあるならば、その方が核心に近づきやすいのかもしれませんが、営業の相手は感情をもち、それぞれの立場や状況をもったヒトです。決して一筋縄ではいきません。

           

          特に、「相手の立場や状況を鑑みる」という視点に欠けていた点が問題だと感じました。たとえば、実際の商談相手は一担当者で、意思決定権者は別にいるとしましょう。その担当者とのやり取りの中で、担当者から意思決定権者に説得していただくという役割を担っていただくことが決まったとします。これが「クロージングの落としどころ」となります。

           

          その「クロージングの落としどころ」に対して、ことあるごとに「お話しいただけましたか?」「どうなりましたか?」「いつまでにお話しいただけますか?」などと、ご本人はそのつもりは全くないのですが、結果として約束した相手を「責め立てる」ような言動をされていたのです。

           

          ところが相手にも立場や状況というものがあります。意思決定権者は上司でしょうから、余程の確信がない限りお伺いを立てることはできないでしょうし、上司のご機嫌によっても「言えない」場合もあるでしょう。その立場や状況を慮ることなく、「約束したから」と押しまくるようでは、やっぱり結果を残すことはできません。

           

          そこで彼には、

           

            「これだ!」と思ったら、一旦否定してみる

           

          ことの実践をお勧めしました。「百里の道も九十九里をもって半ばとせよ」という言葉もあります。特に、相手の立場や状況を、今一度考え直してみる習慣をつけるようにお伝えしました。

           

          自己否定をすることはなかなか難しいことですが、それは結果として人間としての「器創り」にも通じます。

           

          彼に限らず、常に「もし自分がいま、相手の立場だったら」と考える習慣をつけることは、とても大切なことだと思います。

          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            採用

            • 2018.08.06 Monday
            • 09:00

            現在、福岡事務所で採用活動をしておりますが、御多分に漏れず、大変苦戦しています。中途採用サイトに掲載を始めて3週間。応募もわずか30名ちょっとで、その後の選考活動で、私の手元に履歴書が届いたのはわずか1名。採用担当者にも少し疲弊の色が見られ、苦労させている現状に、申し訳なく思っているところです。

             

            このような状況になりますと、ついつい「多少のことは目をつむって」となりがちですが、これは厳禁です。これまでも何度かお伝えしたことがあると思いますが、採用活動とは

             

            いい人を入れる活動ではなく、入れてはいけない人を入れない活動

             

            です。特に今回採用活動をしている福岡事務所は、現在4名。この中に1名入れるということは、はじめから20%の勢力を持つ者を入れることとなります。その影響力は、かなりのものがあります。このことを、決して忘れてはなりません。

             

            募集期間はあと2週間ほどありますから、採用担当者には申し訳なく思いつつも、もうしばらく頑張ってもらおうと思っています。

             

            もう一つ私が意識していることがあります。それは

             

              トップの目より、現場の手

             

            ということです。トップから見てよいと思っても、現場がそうでなければやはり入れてはいけません。なぜならば実際に育ててくれるのは現場の社員です。彼・彼女らが、心から受け入れ、喜んで育てたいと思ってくれなければなりません。実際に、私がOKを出した子は、必ず現場の社員にも会ってもらい、「育てるか?」と尋ねた上で、採用を決めています。

             

            ただし、既存業務以外の仕事を任せようと思うのであれば、トップの独断の方がよい場合があります。特に既存業務とは全く異なる業務であればなおさらです。求める人材像が違っているでしょうから、既存社員には受け入れ難いというケースもあります。そのような場合は、トップの目で見極め、自ら育てていくといった姿勢が必要です。

             

            いずれにしろ、採用環境が厳しいものであればあるほど、このような視点を明確に持って、覚悟の上で採用活動をしていっていただきたいと思います。

            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              承継

              • 2018.07.30 Monday
              • 18:08

              先日、鹿児島出張の折、10年ぶりにある方とお会いしてきました。それは、この千年経営研究会立ち上げの契機となった日、設立メンバーと共に伺った会社の創業者です。

               

              今から14年前、ご自身が54歳の年に社長の座をご長男に譲られたI会長。ご長男が生まれたときから後継者としての見極めをされ、心身ともに問題ないと判断された6歳のときに後継者と定め、優秀な経営者にさせるための教育をされてきました。次男さんには、その長男のNO2としての活躍を求め、子供のころからそのように育てられてきました。

               

              ご長男は高校卒業後、3年間の外飯を食べられたのちに入社。わずか9年間の内に、メイン業務の業績を上げて部長に、ISO14001を取得して常務に、新規事業を立ち上げて副社長に、そして30歳になった年に社長を譲られたのです。そのときには次男さんは副社長。まさに絵に描いたような承継劇でした。

               

              前回、私たちがお会いしたのは承継されて5年後のこと。そのときにはまた別の新たな事業を立ち上げられ、素晴らしい新社屋も建設されていて、承継後も一段と発展されていることを実感させていただきました。

               

              そして今回、I会長の口から出てきたのは、今は中学生の三代目の話。1時間以上に亘って熱く語っていただきました。まさに「三代ワンセットで考える」という私の考えをそのまま実践されていたのです。今回は社長とはお会いできませんでしたが、同席いただいた副社長がニコニコしながら聴いておられる姿を見て、単に創業者のわがままではない理想をみさせていただいたように思います。

               

              皆さんもぜひこれを機に、「三代ワンセットで考える」実践をしていただければと思います。

               

              さて、「千年経営研究会立ち上げの契機となった日」とお伝えしましたが、それは立ち上げメンバーとなってくれた、当時の岡崎商工会議所「ひとづくり塾」の卒業生と、三好商工会青年部のメンバーと、I社訪問後に「知覧特攻平和会館」を訪ねたことにあります。

               

              このとき、私自身が「好ましい事業承継を実現していただく」ことを使命としていくことを心に決め、それに皆さんが賛同してくれたことが、千年経営研究会立ち上げのきっかけとなったのです。

               

              既にご案内がいっているかと思いますが、その「知覧特攻平和会館」への訪問が、千年経営研究会主催で企画されています。一緒に“初心”を訪ねてみませんか?

              • 0
                • -
                • -
                • -
                • -

                思い

                • 2018.07.23 Monday
                • 09:00

                ときに「思いもよらない結果」が出ることがあります。中でも、悪い結果が出たときには、何となくその原因は思い浮かぶのですが、良い結果が出たときには、正直なところ「運がよかった」としか思えないことがあるものです。

                 

                  「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」

                 

                という言葉がありますが、まさにそのような状況を端的に表している言葉だと思います。

                 

                しかし、全く「思いもよらない」ということはありません。そこには、その結果が出せるだけのベースはあるものです。たとえば、少年野球のチームがプロ野球チームに勝つことは絶対にあり得ません。プロ野球チームに勝つためには、それに見合うだけの能力や努力が欠かせません。それだけの基礎があって、初めて「不思議な勝ち」があるのです。

                 

                また、人に関わることであれば、そこには「相手を思う心」が欠かせません。そのような心を欠いた上で出た結果は、一時的には良いものであっても、長続きはしません。人に関わる物事の結果は、必ず相手を思う心と比例するものです。

                 

                よって、人に関わる内容で結果が出ないということは、相手への思いが足りないという認識を持つ必要があります。

                 

                  「念ずれば花開く」

                 

                という言葉がありますが、まさに思いの量が結果を左右すると考えておいてよいでしょう。

                 

                一方で、「負けに不思議な負けなし」とはいうものの、「原因が全く分からない」ということもあるのではないでしょうか。そのような迷宮に入ってしまったら、自分一人で考えても答えはでないものです。「見えていない自分」の存在が、その原因となっていることが多いからです。

                 

                そのようなときは、「人に映っている自分」がどのようなものか、人に尋ねるしかありません。素直に耳を傾ければ、それこそ「思いもよらない理由」が出てくるものです。しかし、その「思いもよらない自分」をきちんと認識しなければ、「思いもよらない結果」を覆すことができません。

                 

                よって、人に関わる物事については、「相手のことをとことん思う」と共に、「相手の思いに素直に耳を傾ける」ことが大切です。

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -

                  他人の目

                  • 2018.07.17 Tuesday
                  • 09:00

                  先日、ある雑誌を読んでいたところ、精神科医・水島広子氏の『「他人の目」が気になる人へ』という著書の紹介が載っていました。そしてその中で、

                   

                  「『他人の目』にとらわれるということは、人を気にしているようでいて、実は強烈に自分自身のことばかりを見ているということ」

                   

                  というフレーズが目に飛び込んできて、ハッとしました。自分自身を振り返ってみると、人の目が気になるときは、まさに自分のことばかり考えているときであると感じたからです。

                   

                  一方で、『他人の目』にとらわれる」ことが、「自分の心を偽り、無理して行動する」ことや、「世間体に縛られて自分の人生を決めること」につながるものであると解説されていましたが、それには多少の違和感を覚えました。

                   

                  確かに、『他人の目』を意識しすぎるあまり、外観や言葉を飾ることばかりに執着するようではいけませんが、人は『他人の目』によって身を正し、己を律することができるものであることも確かです。

                   

                  また、『他人の目』を『他者からの期待』に置き換えれば、自らを成長させる機会ともなります。アメリカの心理学者・マズローによれば、人間の欲求には5段階あり、その中の「自己顕示の欲求」、すなわち

                   

                  □自分の評価を高めたい

                  「地位を高めたい」「認められたい」「正しい評価を受けたい」「尊敬を受けたい」など

                  □自尊心を満足させたい

                  「自信を持ちたい」「何かを完成させたい」「能力を向上させたい」など

                   

                  といった欲求を適切に満たすことができれば、人は“自己実現”への道を歩んでいくことができる、と説いています。

                   

                  要するに、『他人の目』は受け止め方次第であり、『他人の目』に縛られず、適切に自己成長に結びつけることができれば、とても価値あるものであるということです。

                   

                  私自身、『他人の目』が気になったときは、「何を正し、何を律するべきか」「何を学び、どんな成長を果たしていくべきか」と自らに問い掛ける機会にしていきたいと思います。

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -
                    • -

                    継続

                    • 2018.07.09 Monday
                    • 09:00

                    先週から、岡崎商工会議所様主催の「ひとづくり塾」が始まりました。早いもので、今年で13年目を迎えます。

                     

                    19名の受講生を迎えてのスタートとなりましたが、何よりも感慨深かったのは、過去の受講生のご子息が参加されたことです。遂に親子二代に亘る講座となったのです。昨年、会社に入られたばかりとのことですが、お父様から「いい講座だから行ってこい」と勧められたのだとか。嬉しい限りです。

                     

                    更に嬉しいことに「やっと参加させてもらうことができました!」とおっしゃっていただける方もいらっしゃいました。

                     

                    また、派遣企業の2/3は過去にも参加いただいている先で、かつ、その半数は社長自らも参加されていて、さらにその半数は、受講当時はまだ社長ではありませんでした。13年の時間の重みを感じます。

                     

                    「ひとづくり塾」は、セオリーを学ぶ場ですから、講座の内容の8割近くは第1期から変わっていません。結果としてそれが、“共通の言語”を持つという価値となり、継続して派遣いただく理由ともなっているのだと思います。

                     

                    一方で、私も13年間、何一つ変わっていない訳ではありませんから、お話しさせていただく内容は、多少なりとも進化していると思います。そのことに思い至るとき、OBの方々にも「もう一度聴いてもらいたい」と思うことがあります。

                     

                    以前私は、毎年同じ内容の研修に10年近く参加していたことがあります。そのときは正直「お付き合い」で参加していたのですが、振り返ってみると、同じ内容の講座を何度も聴くことによって、その中身の理解度が高まっていきますし、毎回感じるところが違っていて、今の自分の血肉になっている実感があり、今となっては本当に良かったと思います。

                     

                    今後は、同じ内容を同じ人に何度でも聴いていただけるような場を作っていきたいと思うと共に、私自身がもう一度、そのような場に参加し、自己研鑽していきたいと改めて感じました。

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -
                      • -

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      著者 亀井英孝

                      profilephoto

                      行事日程

                      アクセスカウンタ

                      selected entries

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM