変化

  • 2018.05.21 Monday
  • 09:00

先週は、嬉しいことと悲しいことがほぼ同時に起こりました。

 

嬉しいこととは、6年前から事あるごとにご提案してきた内容が受け入れられたことです。「亀井さん、本当にお待たせしました」との言葉に、諦めずに提案をしてきた自分を褒めてあげたい気分になりました。

 

提案においては、その都度先方の状況の変化を確認し、その変化にマッチした提案の仕方を心掛けていました。その上で、「何でも自前でやることの限界を感じ始めました。任せるところは任せる、そういう思いになったのも、亀井さんのおかげです」といっていただけて、より一層嬉しくなりました。

 

その面談の最中に、一本のメールが届きました。システム利用に関する解約のお知らせでした。このお客様は数年前にご契約いただいて以来、そのお客様にマッチした内容をご提案しながら、システム導入を進めてきていたところでした。このところは安定したご利用をいただいており、正直なところ、青天の霹靂ともいえるお申し出でした。

 

しかしよくよく思い起こしてみれば、最近はご訪問できておらず、調べてみたところ、直近の訪問は昨年の1月、既に1年以上ご訪問できておりませんでした。

 

お客様の状況は刻一刻と変化していきます。表面的には何も変わっていないように見えても、その内実は常に変わり続けているのです。その当たり前の事実を見落としていた自分の甘さに、何とも情けない気分になってしまいました。

 

残念ながら、解約の意思は固いようです。しかし、何とか面談の機会をいただくことができました。これまでお付き合いいただけたことに感謝の気持ちをお伝えすると共に、きちんとしたサポートができていなかったことをお詫びしてこようと思います。

 

同時に起こった2つの出来事は、“変化への対応”という観点では、同質のものであると感じています。物事は常に“変化”している。この当たり前のことをどう捉え、どう活かし、どう対処すべきか、私自身、改めて考える機会にしたいと思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM