思い

  • 2018.07.23 Monday
  • 09:00

ときに「思いもよらない結果」が出ることがあります。中でも、悪い結果が出たときには、何となくその原因は思い浮かぶのですが、良い結果が出たときには、正直なところ「運がよかった」としか思えないことがあるものです。

 

  「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」

 

という言葉がありますが、まさにそのような状況を端的に表している言葉だと思います。

 

しかし、全く「思いもよらない」ということはありません。そこには、その結果が出せるだけのベースはあるものです。たとえば、少年野球のチームがプロ野球チームに勝つことは絶対にあり得ません。プロ野球チームに勝つためには、それに見合うだけの能力や努力が欠かせません。それだけの基礎があって、初めて「不思議な勝ち」があるのです。

 

また、人に関わることであれば、そこには「相手を思う心」が欠かせません。そのような心を欠いた上で出た結果は、一時的には良いものであっても、長続きはしません。人に関わる物事の結果は、必ず相手を思う心と比例するものです。

 

よって、人に関わる内容で結果が出ないということは、相手への思いが足りないという認識を持つ必要があります。

 

  「念ずれば花開く」

 

という言葉がありますが、まさに思いの量が結果を左右すると考えておいてよいでしょう。

 

一方で、「負けに不思議な負けなし」とはいうものの、「原因が全く分からない」ということもあるのではないでしょうか。そのような迷宮に入ってしまったら、自分一人で考えても答えはでないものです。「見えていない自分」の存在が、その原因となっていることが多いからです。

 

そのようなときは、「人に映っている自分」がどのようなものか、人に尋ねるしかありません。素直に耳を傾ければ、それこそ「思いもよらない理由」が出てくるものです。しかし、その「思いもよらない自分」をきちんと認識しなければ、「思いもよらない結果」を覆すことができません。

 

よって、人に関わる物事については、「相手のことをとことん思う」と共に、「相手の思いに素直に耳を傾ける」ことが大切です。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM