面談

  • 2018.08.27 Monday
  • 09:00

先週から、社員の個別面談を実施しています。この面談は、給与改定時期の3月と決算時期の8月の年2回行っています。それぞれ、昇給・昇格と決算賞与の評価を合わせて行うことになります。

 

この8月の面談では、単に決算賞与の評価を行うための成果の確認だけではなく、「CUBIC」という個人特性分析の結果を参考にしながら行います。「CUBIC」とは、よく採用面接時に実施する適正テストのようなもので、当社では、ストレス状況のチェックや心理状況の変化を確認するために、毎年7月に実施しています。

 

利用するシステムは何でもいいと思いますが、既存社員に対してこのような心理状況を確認できるものを実施することは、とても有効だと思います。

 

今回も、日頃の言動からは分からない心理状況の変化を2名ほど確認することができ、面談時にそのケアを行うことができました。

 

2人ともに共通するのは、「自分を責める心」をもっていたことでした。原因が環境や他人にあると考えている場合は、攻撃的になったり、自暴自棄的になったりと、ある程度、言動の変化で「何かあったのかな?」と感じることができるものです。

 

しかし、原因が自分にあると自覚している場合は、人前では精一杯繕っていることが多く、なかなか言動には表れないものです。さらにそれが仕事上の問題ではなく、プライベートな悩みからくるものであったとしたら、一層表面化しないものだとの認識が必要です。

 

これまでも「CUBIC」によって、何度かプライベートの悩みを明らかにすることができましたが、上司の役割が

 

  「部下の人生における最も身近な理解者であり指導者である」

 

ことを考えると、やはりこのような状況を客観的に把握しておくことはとても大切なことだと思います。

 

ぜひ御社でも、このような取り組みを検討されることをおすすめします。具体的な内容に関してのお問い合わせは、遠慮なくお申し付けください。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM