教育

  • 2018.10.22 Monday
  • 09:00

このところ私は、“教育”の場において、「教えない」ことをおすすめしています。

 

よくよく考えてみれば、「わかっている人は、わからない人のわからないことがわからない」ものです。その上、教える人は上司か先輩で、教わるのは右も左もわからない新人。「わかった?」と聴かれて、「わかりません!」と答えることができる勇気のある人が、それほど多いとは思えません。ましてや「わかったでしょ!」と言われたらなおさらです。結局、わからないまま、不安な気持ちのまま仕事をしていくことになってしまいます。もしかすると新人の定着率の低さの理由は、こんなところにあるのかもしれません。

 

そこで私は、動画や紙媒体などの教本やマニュアルを渡して、まずは新人自身に勉強させることをおすすめします。

 

この自習でのポイントは、「理解させる」ことを目的とはしないことです。目的は、「わからないことを明確にする」ことにあります。それは、「わからない人は、どこまでわかったらわかったといえるかがわからない」からです。いくら勉強しても、自分が理解できているかがわからなければ、不安な気持ちを払拭することはできません。

 

よって、「自分がわからないことをすべて出して」と伝えます。人はゴールがあることほど頑張れる傾向にあります。「自分がわからないことを出し尽くしたら終わり」という明確なゴールがあった方が頑張れるのです。

 

また、人はわからないことを明確に自覚できたときに、「知りたい!」「理解したい!」という強い欲求が生まれるものです。そのときを逃さず、丁寧にわかるまで教えてあげると、乾いたスポンジがすっと水を吸い込むように理解が進んでいくものなのです。

 

『働き方改革』が叫ばれる中、すべての業務のありようを見直す必要があります。“教育”もまたその対象と言えるでしょう。人がなかなか採用できず、既存社員の負担が増える中、やっと入ってきてくれた新人に対する“教育”が、さらなる負担をもたらすことは避けたいものです。

 

ぜひ「教えない」“教育”のありようを研究していただきたいと思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM