採用

  • 2018.10.29 Monday
  • 09:00

先日、ある社長から「新人育成に困っている」との話をお聴きしました。入社して半年、「覚えが悪い」「嘘をつく」などの理由で若い教育担当者が疲弊し、先日4人目の担当者が音を上げて、現状はベテラン社員の監視下にいるのだとか。

 

「こうなることはある程度予測はしていた」という言葉に少し驚き、その理由をお尋ねすると、「応募者が少なくて、選んでいられないんです」とのこと。「仕方なかった」の話に、私は少し苦言を呈しました。

 

これまでも何度かお伝えしてきましたが、採用活動では、「よい人を入れる」のではなく「入れてはいけない人を入れない」ことが大切であるとの認識が必要です。

 

この観点に立った時、この会社がもつべき問題意識は、「応募が少ない」ことではなく、「十分な応募を得るための取り組み・工夫ができていない」でなければなりません。現にこの会社では、ホームページに採用専用のページもなく、安い採用サイトに掲載しているくらいの活動しかできていませんでした。

 

確かに「採用が厳しい」との話はよく聴きます。一方で、潤沢な応募を獲得できている会社もあります。そのような会社では、採用活動に人も、お金も、時間もきちんと掛けています。要するに「過去取れていた」方法では採用できなくなっているけれども、時代に合った「やるべきこと」をやれば、それだけの応募を得ることができるということです。

 

そのような話をしたところ、「自社には応募を得るだけの魅力がない」との言葉が出てきました。これこそがこの会社の、いやこの社長の最大の問題でした。自社に自信と誇りと魅力を感じていない社長が経営する会社に、優秀な人材が入ってくれるはずなどないのです。

 

この社長には、まず自分自身が会社や仕事に対する自信・誇り・魅力などを明確にするようにお伝えしました。それらが明らかになったとき、採用活動は劇的によくなると思います。否、採用活動のみならず、素晴らしい経営の実現にも貢献することになると確信します。

 

みなさんも、まずは自社の誇り・魅力を改めて明確にした上で、採用活動に潤沢な経営資源を投入することで、期待通りの採用活動を実現していただければと思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM