信念

  • 2018.11.12 Monday
  • 09:00

先週の水曜日、岡崎商工会議所様主催の「ひとづくり塾」の特別講として、「携帯用アジパンダ(味の素)」で日本パッケージデザイン大賞を受賞されて有名になった、本多プラス 株式会社の本多孝充社長にご登壇をいただき、お話しをお伺いさせていただきました。

http://www.hondaplus.co.jp/

 

1946年に創業されたご祖父様がセロファン製の筆さやを開発し、二代目のお父様がその技術を応用してプラスチック製の修正液の容器を開発されました。しかし現社長が入社された1997年当時、売上高の80%を占めていた修正液市場は、修正テープの台頭やパソコンの普及が進み、いずれ減退していくことが目に見えていたのだとか。

 

「値決めができる会社になりたい」⇒下請けからの脱却がしたい

「文房具以外の市場も獲得したい」⇒リスクヘッジをしたい

「一代一事業(家訓のようなもの)、新しい形や価値を提供したい」

⇒クリエーター型メーカーになりたい

 

などの思いを強く持たれ、周囲の反対にも根気強く思いを伝え続け、2011年の「アジパンダ」で開花し、同年、社長になられたとのこと。

 

その成功には

 

 ・金型製作の内製化による一貫生産体制⇒1か月かかっていた製品化が1週間に

 ・デザイナーの採用による、マーケティングプロモーションの実現

   ⇒指示されたものをつくるのではなく、欲しいと思ってもらえるものを提案する

 ・資材調達部からマーケティング部への窓口移行

   ⇒コストダウン対象から、マーケッターやデザイナーのパートナーへ

 

などの具体的施策があったとのことでしたが、私には、その内容以上に、先の思いの強さが具体的な施策を生み、どんな苦難があっても実践するパワーを生み出されたことが、一番の成功要因だろうと感じました。

 

「景気は自分で創るもの」

 

講演冒頭で口にされたこの言葉に、すべてが詰まっているように思います。

 

また、この成功の陰には、「途中、何度か言い争いはあったが、ほとんど任せてくれた」というお父様の存在が大きかったように思います。

 

今回は、事業承継に関わるお話はあまり聞けませんでしたが、「将来はお前が会社を継ぐんだと言われ続けた」「継ぐことを疑わなかった」など、是非お聴きしたいと思えるキーワードがいくつかありました。いつか千年経営研究会にお呼びして、承継に関するお話ししていただきたいと思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM