資産

  • 2019.05.13 Monday
  • 08:50

先週、10数年ぶりに名古屋港水族館に行ってきました。「水族館は子供連れが行くところ」といった先入観が何となくあったため、子供たちが中学に上がったころからは、行楽地の候補にも挙がっていなかったのですが、「久しぶりに行ってみたい」という成人した家の女子たちの声に背中を押されて、久しぶりに尋ねることになりました。

http://www.nagoyaaqua.jp/

 

結果は、「実に楽しかった!」でした。

 

イルカのパフォーマンス、シャチやベルーガの公開トレーニング、マイワシのトルネード、ペンギンやウミガメなどの餌付けなど、実に多くのイベントが開催されていて、7時間、全く飽きることなく楽しむことができました。

 

特にイルカのパフォーマンスやシャチの公開トレーニングなどは、これまで十回近く見ているはずなのですが、何度見ても心が躍ります。

 

実は、今年に入って、岡崎、瀬戸、半田など、これまで仕事でしか伺っていなかったところに、観光目的で訪問するようにしているのですが、どこへ行っても「こんな場所があったんだ」と、新たな発見と感動をいただいています。

 

ときに、「お客様が来ても連れて行くところがない」と言われる東海地方ですが、「決してそんなことはない」と痛感します。あまりに近すぎて、目に入っていないだけなんだろうと思います。

 

翻って社内を眺めてみたとき、同じようなことになってはいないかと、その機会損失の大きさに、危機感を覚え始めてもいます。

 

「自社の経営資源の価値をきちんと認識し、十分に生かし切っているといえるだろうか?」

 

いろんなところにお邪魔するたびに、そんな疑問が頭をもたげてくるのです。一方で、そのような疑問を感じることができた結果、いくつかの“埋蔵品”の発掘ができました。そして、「結構、眠らせてしまっている資源があるものだ」と感じています。

 

これらの取り組みは一時的に行うものではなく、継続的に行っていくものだと思います。その時々の状況や抱える課題などによって、気付くところが違うからです。

 

よって常に「眠らせてしまっている資産はないか?」との疑問を持ちながら仕事をすることが大切なのだと思います。みなさんもぜひ、そのような視点をもって、日々を過ごしていただければと思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM