コミュニケーション

  • 2019.08.05 Monday
  • 09:00

先日、私ども名南コンサルティングネットワークの一員である社労士法人名南経営が、産学連携でサポートしている南山大学経営学部の安藤ゼミの「職場改善」に関する研究の発表会に参加してきました。

安藤ゼミのFacebook →  https://www.facebook.com/Andozemi/

 

テーマは、

  仝えないゴールの見える化〜人材育成の効率アップ〜

  長く続けられる職場作り〜早期離職の減少を目指して〜

  やる木の育て方

の3つで、学生たちが企業や学生へのアンケートやインタビューを通して得た知見から、彼らなりの考えをまとめた内容でした。

 

発表では、「熱意がある6%」「やる気がない70%」「無気力24%」などといったショッキングなデータも示されましたが、それを話している学生からはそんな印象は全くなく、逆に私の次女と同じ年の子たちの熱意・やる気・気力に溢れた内容に、微笑ましさと頼もしさを感じました。

 

また、

 ・上司の話の60%は理解できない。

  ・「相談したい」「聴きたい」のに上司がいない、聴き辛い。

  ・指示が一方的で、フィードバックがない。

などといった新入社員の声には、大いに反省させられもしました。

 

一方で、彼らが示した改善策には、少々驚きました。もっとITやネット、SNSなどを駆使した対策と思いきや、3チームともホワイトボードや掲示板などのアナログなツールを使い、かつ「話をする機会を増やす」といった直接的なコミュニケーション手段の提案だったのです。

 

また、「プライベートな話をすることが大切」などといった研究報告に、「若い人は、直接的なコミュニケーションは苦手で、あまり求めていない」「プライベートな話などもってのほか」などといった思い込みで判断してはいけないと痛感させられました(相手によっては配慮しなければならない場合もあるでしょうが・・・)。

 

いずれにしろ今回の研究発表によって、「職場改善」というテーマに関しては、何より良好なコミュニケーションが欠かせないことに、一層の確信を持つことができました。

 

さらには、コミュニケーション手段については、若い人の考えをどんどん取り入れるべきだとも感じました。

 

わが社においても、コミュニケーションのあり方について、今一度考え直してみたいと思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM