挑戦

  • 2019.11.18 Monday
  • 09:00

先々週、岡崎商工会議所「ひとづくり塾」にて特別講義があり、株式会社 山崎製作所(静岡市清水区)の山崎かおり社長にお話しをいただきました。

https://yamazaki-metal.co.jp/

 

昭和42年にお父様が塗装業として創業され、現在は機械板金加工業として医療・食品・自動車・工作機械など、あらゆる分野の板金加工をされています。今では、自社オリジナルのアクセサリーやインテリアも手掛けられ、オリンピック関連商品も製作されているとのこと。https://www.bankin-ya.jp/

 

社長が会社を継がれたのは平成21年9月。リーマンショック直後で業績は最悪。またワンマン経営者であった社長と社員とが反目し合い、労使関係もまた最悪だったのだとか。

 

そんな会社を継ごうと思われたのは、子供のころから面倒を見てくれた、そして自分を育ててくれた会社を守ってきてくれた社員さんの生活を守りたい、その一心だったそうです。

 

社長を継いでまず行われたのは、社員アンケート。その回答の中には、

 「うちの会社はお客さんの奴隷だ」

 「板金屋に勤めてるなんて恥ずかしくて言えない」

といった内容で、愕然とされた。そして、

 「社員の誇り、職人の誇りを取り戻す!」

と固く誓われ、覚悟を決められました。

 

まず取り組まれたのは社員全員での理念づくり。ホームページにも記載されているその理念は、「自分たちの理念は自分たちで決める!」との思いの下、社員さんたちの心からの言葉をまとめたもの。

 

そして事業戦略もみんなで考え、「富士山をみんなで登っていこう!」との思いで名付けられた事業戦略書「富士山マップ」を毎年みんなで見直し。

 

朝礼や研修会のほか、BBQや卓球大会、または社内SNSでコミュニケーションを深めると共に、完全週休二日制、時間有給制度、健康経営への取り組みなど、働き方改革にも着手。

 

設備のIOT化を進めると共に、技能継承のためのキャリアアップ支援にも取り組まれ、国家資格「板金技能士」には全社員25名中、社長を含め14名が合格されています。

 

このようなさまざまな取り組みが功を奏し、恥ずかしくて言えなかった板金屋さんに、20代・30代が12名、そのうち女性が5名と、次世代の若い人たちが、イキイキ・ワクワク働ける会社に革新されました。凄いことだと思います。娘さんも自らの意思で入社されたとのこと。

 

会社を潰さない唯一の方法として貫いている信条とご紹介いただいた

「人がどう思おうが、どう言おうが、自分らしく、進みながら強くなっていく!」

「後ろは見ない。挑戦し続ける!」

を全うされているその内容に、ただただ感銘を受けました。

 

1時間では到底話尽くされないご苦労もあったかと思います。今一度お会いして、より深い話をお聴きしてきたいと思います。とても有意義な時間でした。

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM