歴史

  • 2020.03.16 Monday
  • 09:00

新型コロナウイルスの影響で、開催されるはずだった研修やセミナー、または参加予定の会合が日々刻々と中止になっていくおかげでできた有り余る時間を有効に使おうと、社内でいろいろな企画が持ち上がっています。

 

その中で、東京事務所の社員から「ぜひ名南の歴史を知りたい」との声が上がり、たまたま別件で出張した折に、私がお話をすることになりました。

 

ありがたいことに昨年、中部経済新聞社様に取り上げられ、「名南経営 半世紀の歩み」と題した連載をしていただきました。その後、社員と一部のお世話になった方々に配布できるよう製本したものを事前に読んでおいてもらい、その内容に対する質問に私が答えていく、という形式で進めることにしました。

 

どんな質問が飛び出すかわからない中、自分の手持ち資料やどこかで見覚えのあるものをもっていそうな人に声を掛けて搔き集め、「もうこれ以上は思い出せない」という状態で質問攻撃の場に臨みました。

 

ところが、用意していた回答にマッチする質問は半分程度で、全く無防備なところをどんどん突かれて四苦八苦。でも面白いもので、「う〜ん」と唸りながら過去を紐解くと、どんどん思い出してくるものですね。多少あいまいで、「これは事実ではないかもしれない」ということについては、「私の記憶では」と前置きをしながらも、おおむね答えることができたのではないかと思います。

 

今回の機会は、何よりも私にとってとても有意義なものとなりました。忘れかけていた創業者・佐藤澄男や私を拾ってくれた影山勝行との思い出と感謝の気持ちを掘り起こしてもらえたことは、何よりも嬉しく、またありがたいことでした。

 

今回の参加者は、たまたま東京事務所に来ていた他拠点のメンバーを含め、30名ほどでしたが、平成19年に亡くなった佐藤澄男と直接会ったことがあるのは、私を含めてわずか3人。まさに、他のメンバーにとっては、おとぎ話を聴いているようなものだったのではないかと思います。

 

しかし、2時間ほどの話の後、「そういうことなら、こういうことも考えていかないといけませんね」などと、どっぷり佐藤ワールドに浸かってしまっている私には気付けなかった視点を与えてもらうこともできました。

 

歴史というものは、新たな未来の扉を開くきっかけにもなるのだと、新たな気付きをいただききました。「歴史ってすごいなぁ〜」と改めて感じます。

 

歴史を紐解くことは、とても大切なことだと思います。皆さんの会社でも、これを機に自社の歴史を振り返る時間を設けられては如何でしょうか?

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    著者 亀井英孝

    profilephoto

    行事日程

    アクセスカウンタ

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM